読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お知らせと今後と目標。

 

ツイッターでもここでも大々的に言えずに

いきなり始まってしまう話なんですけど…

去年のツアーが終わったあたりから担降りを考えさせていただいてました。

薮担を降りてちゃんと小山担になろうと。

結論から言うと担降りはしません。

 

きっかけとなったのは

美恋のDVDを久しぶりに見たことです。

ファンが何かをする、ということはJUMPのファンだった自分からして想像も出来ないことでした。

それだけお互いに大好きなんだって。

NEWSはファンを大切にしてるって。

苺のないショートケーキ、具のないおでんと言われていた彼らはもう苺や具のような中身なんですよね。

色々考えながら観ていて涙が溢れました。

新規が何言ってんだって感じですよねごめんなさい。

だからこそNEWSを一途に応援し続けたいと思いました。

 

そんな時に、JUMPの単独カウコンへ入りました。

 

薮くんに会えてすごく嬉しかった。

もちろんドキドキもしたしワクワクも。

ただ、前のようにあと何日で会える!とか今日会えちゃうどうしよう!と言った高揚感が薄れてきたのが分かってました。

実際に近くで見ることができて、カッコいいなぁとか前の投稿のような気持ちになりました。

ファンサしてるところをみるといいなあと思ったりミスフロに嫉妬したり。

一見普通に薮担やってるんです、私。

 

でも、JUMPとしてはどうなのかなって。

私が見ているのはあくまで薮宏太であってHey!Say!JUMPではない。

必死でグループをまとめている薮くんに失礼。

そう思うと薮担としてやっていけないんじゃないかと思うようになりました。

 

NEWSは春にツアーが決まりました。

JUMPは今年10周年。

記念の年ですがツアー自体はきっと夏秋になるのでしょう。

その頃私は就活と教育実習で忙しいので下手すると一回も現場に行けません。

これが担降りする絶好の機会なのかなと思いました。

 

たくさん悩みました。

一回ジャニーズから離れて考えようとしたり、仲のいい子に相談したり。

涙も流しました。胸がいっぱいになりました。

 

でも、

私はやっぱり薮くんが好き。

薮くんだけじゃなくってもちろん小山さんも。

Hey!Say!JUMPというグループとしてではなく薮宏太個人が今は大好きです。

どっちも好きなんです。

私の人生には欠かせないキーポインターなんです。

 

「薮くんのことが好きならそれは立派な薮担だよ」

 

友だちのこの言葉が素直に嬉しかった。

薮宏太も小山慶一郎も好きでいい。

そう言ってくれて気が楽になりました。

 

これからも薮担としていいいんだって。

私には居場所があるんだって思うと担降りが怖くてできません。

これからも薮担であって小山担であって、掛け持ちであって。

 

薮くんのことしか話さないことあるかもしれない。

小山さんのことだけ話す時があるかもしれない。

でも私はどっちも大好きです。

これからも両方を応援していきたいです。

 

私の気持ちはこうです。

この気持ちを、そして掛け持ちを理解していただけたら有難いです。

 

初めすごい軽い気持ちで掛け持ちをしていました。

でも掛け持ちはとっても苦しい。

でもその分幸せは増えていく。

一途なことはとても大切。

だけど、大事な人が増えることは悪いことじゃない。

掛け持ち拒否さんに少しでも伝わるといいなと思いました。

 

あくまでこれは私の自論なので

人それぞれではあると思いますが…(笑)

 

長文失礼しました。